映画

【鬼滅の刃】映画はスタッフロールまでやばい!エンドロール後も号泣?

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

いま人気絶頂の漫画、【鬼滅の刃】の映画が、2020年10月16日に公開され映画鬼滅の刃無限列車編がずっと話題ですね。

映画【鬼滅の刃】は、原作が吾峠呼世晴氏による漫画で、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されており、鬼滅と称され、莫大な人気を誇り、なんとその人気は社会現象化するほどですよね。

映画鬼滅の刃を見に行った方は、スタッフロールやエンドロールまで見入ってしまった方も多いようですよね?

今から映画鬼滅の刃を見に行く方は、映画が終わったからと行ってすぐ帰らずにスタッフロールとエンドロールまで見た方がいいとのアドバイスがありますが、なぜそこまでいうのだろう?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 【鬼滅の刃】映画はスタッフロールまでヤバイ!
  • 【鬼滅の刃】映画のエンドロール後も号泣?
  • 【鬼滅の刃】映画の感想・まとめ

についてまとめてみました。

 

それでは、『【鬼滅の刃】映画のスタッフロールもやばい!エンドロール後も号泣?』をお楽しみください。

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

【鬼滅の刃】映画はスタッフロールまでヤバイ

映画鬼滅の刃を見た方は、スタッフロールまでヤバいので最後まで見たほうが良い、スタッフロールまで見入ってしまった!という声が多いのでまとまてみました。

スタッフロールまでヤバいと言われる理由に、まずは劇場版鬼滅の刃の主題歌「炎」が映画を盛り上げていることです。

LiSA(リサ)さんの歌声は素晴らしく圧巻ですよね。
映像で感極まっているところにさらに胸に迫るものがあります。

 

 

『スタッフロールが流れる背景に煉獄杏寿郎のイラストが流れ、途中から黒背景に炎と火の粉が舞い徐々に炎が消えてゆく。そしてスクリーン中央に煉獄さんの折れた刀の柄が映り、また徐々に消える』

終わってもなお、泣きながら見入ってしまい身動きもできませんでした。

【鬼滅の刃】映画のエンドロール後も号泣?

映画を観た人の中にはエンドロールで席を立つ方もいらっしゃるとは思いますが、映画【鬼滅の刃】(無限列車編)は最後まで見ることを強くお勧めします!

最後まで我慢して観ていたのにラストシーンで「涙腺崩壊!泣かずにはいられなかった」との声も聞かれるぐらいエンドロールにも【鬼滅の刃】の世界が描かれ続けています。


煉獄さんへの炭治郎の思いそのもののような歌詞、「炎」LiSA(リサ)さんの歌声に感情がこもっていて、ラストシーンと冒頭の墓地でのシーンの映像がフラッシュバックして最後の最後まで涙が止まりません。

最後の最後まで、完全にスクリーンが暗くなるまで【鬼滅の刃】(無限列車編)の世界は続いていました。

【鬼滅の刃】映画の感想まとめ!

映画鬼滅の刃を見た方の感想がSNSには続々とあがってきていますので、私が見た感想とSNSの声をまとまてみました。

冒頭にある鬼滅隊の長が鬼滅隊員の墓参りをしているシーンは、原作(漫画)にはないオリジナルシーンです。

そして、炭治郎達が無限列車に乗り込むところからオープニングが始まるのです。

幅広い世代から圧倒的人気を得ている【鬼滅の刃】。
コミックも売り切れが続出し、また、新刊は発売日当日に行列ができ売り切れてしまうほどの作品が映画になると発表された時は楽しみすぎて待ちきれない気持ちでいた方も多かったと思います。

ただやはり、原作(漫画)の魅力はそれぞれの想像で世界観もそれぞれの部分があるので映像となると「何か違う」と感じる部分があった方もいらっしゃったと思います。

実際にSNSなどで「確かに泣けたけど映画となると少し違和感をうけた」という意見もみられました。

今回の、劇場版【鬼滅の刃】(無限列車編)は、単行本8巻までの第66話までが公開されました。

まだまだ話は続いているため、どうなっていくのか今後も目が離せませんね!

今回(無限列車編)の映画化の発表を知り、公開日を待ち遠しく感じていたファンの方々はじめ、話題の作品だから見てみようと映画館に出かけた方々も大勢いたことにより、やはり興行収入も桁違いなものになっています。


初日からたった約2ヶ月で、なんと動員数23175884人、興行収入31166647900円を記録し、歴代の興行収入が1位の『千と千尋の神隠し』の316.8億円に迫る勢いです。
早くも、近々歴代1位になる見通しになってきているようです。

様々な感想・意見はあるようですが、子どもから大人まで幅広い年齢層からの支持を得ていることはとても凄いです。

もともとかなりの人気漫画でしたが、映画化することの前宣伝も上手いと思えました。


劇場版の主題歌もアニメ鬼滅の刃に引き続き、圧倒的歌唱力のLiSAさんを迎え、映像と主題歌が見事にマッチしスクリーンいっぱいに繰り広げられる物語、(家族愛・仲間への思い)の迫力は映画ならではの醍醐味ですね。

そんな大人気の劇場版鬼滅の刃がPG12に指定されたのは少し残虐なシーンなども含まれてしまっているからなのでしょう。

漫画で読むのと、実際に映像化された映画で見るのとでは衝撃が違うと感じましたし、大人でも『うゎ!』と思うほどでした。
なかなか過激なシーンがあり、鬼滅キッズという言葉が生まれるほど子どもにも大人気ですが、幼い子ども達が観て大丈夫かな?と思わずにはいられませんでした。

映像も最先端の3D技術を駆使したunfotable(ユーフォテーブル)が手掛ける美麗アニメーションで戦闘シーンは何回観ても素晴らしいです。

実際に3回以上も観たという方もいらっしゃったくらいです。

全体としては、丁寧な作劇で登場人物の心情に寄り添いながら、声優さんの声が枯れてしまうのではないかと思うほどの熱演に後半はスクリーンに全集中させられました。</p>

原作を読んでいなくても、誰もが分かりやすいように丁寧に作劇されていたので、すっと物語に入り込めました。

そして、ラスト母と子の絆・想いには泣かされました

涙を拭う事も忘れて……

*入場者特典として「鬼滅の刃煉獄/零巻」が配布されるようです
(全国450万名様)

公開にあたってPG12と指定されたことにより、多くの小学生ファンから自分たちは年齢制限のせいで映画を見られないのではないかと、うわさがまことしやかにささやかれていました。
実際はそんなことは無く胸をなでおろして喜び、劇場に観に行かれたお子さんもおられたことでしょう。

PG12とは12歳未満は保護者の助言・指導が必要であることを意味する。

まとめ

『【鬼滅の刃】映画はスタッフロールまでやばい!エンドロール後も号泣?』を最後までご覧いただきありがとうございました。

鬼滅の刃の映画は評価が高く、3回も見に行く方もいらっしゃいましたね!

社会現象ともなっている映画鬼滅の刃は見ておいて損はありませんね。

まだしばらく鬼滅の刃の人気は続きそうです。

それでは、また!

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼
アンケートに答えると
▼匠のこだわり、プレゼント▼