芸能人

及川眠子の元旦那は誰?イケメントルコ人なのに借金まみれで離婚?

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌『残酷な天使のテーゼ』などの作詞家として知られている及川眠子さんですが、プライベートでは2018年に元旦那さんと離婚されています。

及川眠子さんがイケメンだといわれる元旦那さんに数億円貢いだとの話も聞くので、その辺りも詳しく知りたいですよね。

ここで気になるのは「及川眠子の元旦那ってどんな人?」「元旦那の顔は?」「離婚した理由は?借金まみれの原因は?」ということではないでしょうか。

そこで今回まとめた内容はこちら

  • 及川眠子の元旦那は誰?プロフィール経歴を調査!
  • 及川眠子の元旦那はトルコ人でイケメン?顔画像
  • 及川眠子の経歴プロフィール

それでは、『及川眠子の元旦那は誰?イケメントルコ人なのに借金まみれで離婚?』をご覧ください。

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

及川眠子の元旦那は誰?プロフィール経歴を調査!

及川眠子さんの元旦那さんはトルコ人のエロル・シャファクさんです。

年齢は及川眠子さんの18歳年下で現在43歳です。(2021年時点)

現在の職業についての詳細はいくら探しても特定する事が出来ませんでした。

ただ、2000年に及川眠子さんが元旦那であるエロルさんとはじめて出会った際は無職だったそうです。

エロルさんからの熱いプロポーズを受けて結婚した二人でしたが、幸せな夫婦生活もエロルさんのある言動で次第に雲行きが怪しくなっていきます。

エロルさんは及川眠子さんに金銭をねだるようになり、その理由も「会社を立ち上げたい」「父が倒れた」「公共料金が払えない」など様々で、どことなく怪しい気もしますが、及川さんは彼を信頼して総額なんと3億円も貢いだそうなんです。

さらにそのために7000万円も借金していたそうです。

 

 

その後、及川眠子さんは元旦那のエロルさんに浮気相手との子供が欲しいと言われ離婚することになります。

及川眠子さんにあれだけ膨大な金額を貢いでもらった挙句、今度は浮気して自ら離婚話を持ち掛けてくるなんて、元旦那のエロルさんも中々ヒドイですよね。

ただ及川眠子さん曰く、元旦那のエロルさんに貢いだのではなくて出資だとのこと。

元旦那のエロルさんに一流の起業家として成功してほしかったと、及川眠子さんは心から彼に期待と信頼をしていたからこその出資だったそうです。

世間では借金や貢ぎなどで良い印象が無いかもしれませんが、及川眠子さんからしたら元旦那のエロルさんへの愛情だったんですね。

及川眠子の元旦那はトルコ人でイケメン?

及川眠子さんの元旦那さんがエロル・シャファクさんだという事や、及川眠子さんとの過去の出来事等が分かったところで、やはり気になるのはエロルさんの顔ですよね。

元旦那のエロルさんはトルコ人という事もあり、さぞイケメンなはず。

山崎まゆみのいい湯だなより引用

 

及川眠子さんの元旦那さんがエロルさんは、なかなかのハンサムでとても優しそうな印象を感じます。

そんな印象なだけに及川眠子さんとの事は少し残念ですね。

及川眠子の経歴プロフィール

及川眠子さんの経歴プロフィールをまとめてみましたのでご覧ください。

氏名 及川眠子  (おいかわ ねこ)

生年月日  1960/02/10

出身地   和歌山県和歌山市

血液型   B

職業    作詞家

ジャンル J-POP / アニメソング

J-POPやアニメソングの作詞家である及川眠子さんの主な楽曲は以下の通りです。

主な楽曲

「残酷な天使のテーゼ」1995

「魂のルフラン」1997

「愛が止まらない」1988

「東京(やしきたかじん)」1993

「淋しい熱帯魚」1989

「ウルトラマンマックス」2005

「手裏剣戦隊ニンニンジャー」2015

及川眠子さんが作詞された楽曲は、この曲も知っている!と思うような有名な曲ばかりですよね!

まとめ

及川眠子の元旦那は誰?イケメントルコ人なのに借金まみれで離婚?を最後までご覧頂きありがとうございます。

及川眠子さんの元旦那はトルコ人のエロル・シャファクさんでしたね。

2人は無職の時に及川眠子さんと出会い結婚しましたが、怪しい口実で金銭を要求し総額3億円を及川眠子さんに貢がせるということがおきました。

結果、及川眠子さんは7000万円の借金を背負いましたが、ご本人曰く貢いだのではなく出資だったというのには驚きました。

その後、元旦那のエロルさんに浮気されて及川眠子さんは離婚することになりました。

なんともなぁ…と思ってしまう話ですが、ご本人の強さがあるので乗り越えられたのでしょうね。

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼
アンケートに答えると
▼匠のこだわり、プレゼント▼