お笑い

マヂカルラブリー野田のプログラミングに驚愕!
学歴や偏差値も天才級?

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

マヂカルラブリー野田クリスタルさんと言えば今年のM-1において相方の村上さんと決勝に進出し見事に優勝しましたね。

マジカルラブリー野田クリスタルさんはお笑いの才能だけでなく、ゲーム界ではプログラミングのスキルも高いと評判なのはみなさんご存知でしょうか?

なんとお兄さんの影響で始められたというゲーム、野田さんは幼いころからゲーマーだったようで幼稚園時代に『ファミコン』の『ファイナルファンタジー』を極めたそうなんです!

そこで今回は、マヂカルラブリー野田クリスタルさんのゲームのプログラミングの腕前や、学歴や偏差値についても調べてみました。

今回の内容

マジカルラブリー野田のプログラミングが凄い!

マヂカルラブリー野田の学歴や偏差値もすごい!

マヂカルラブリー野田はプログラミング以外の趣味は筋トレ以外も多趣味!

それでは、『マヂカルラブリー野田クリスタルのプログラミングに驚愕!
学歴や偏差値も天才級?』をお楽しみください。

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

マヂカルラブリー野田のプログラミングがすごい!

マヂカルラブリー野田クリスタルさんは、2013年頃からゲーム制作・プログラミングを始めていたのですがやはり独学なのでつまずく部分もあり、途中ゲーム制作を一時期しなくなっていたが、残念がる声に本格的にゲーム制作に取り組むようになったそうで、通称「野田ゲー」と呼ばれるインディーズゲームの開発もされています。

「野田ゲー」の中にはネタの素材としてだけでなくて、実際にアプリゲームとして配信されているのも多くブロックくずしてもその一つで、ゲームの定番の「ブロックくずし」にお笑い芸人の「デッカチャン」の顔面を組み込み作ったもののようです。

ご自分でプログラミングを組んでしまうなんてすごいですよね!

想像したら試してみたくなります!

マヂカルラブリー野田クリスタルさんは、好きなゲームづくりを通してプログラミングを勉強しそれをお笑いに活かしているので、仕事と趣味を兼ね備えているところに感銘を受ける方もいらっしゃいますよね。


202038日に開催された(関西TV)ピン芸人の日本一決定戦「R-1グランプリ」での優勝ネタは、マヂカルラブリー野田クリスタルさんがプログラミングした自作のゲーム『もも鉄』(太ももが鉄のように硬い男〔てつじ〕を操作する横スクロール2Dアクションゲーム)モンスト』(セクシーなお姉さんのストッキングを挟みでカットしていくアプリゲーム)を実況プレイするネタで見事に優勝できたのは、趣味のプログラミングの成果がR-1グランプリにつながったのかもしれないですね。

マヂカルラブリー野田クリスタルさんは、「7年ぐらい前からライブでコントや漫才以外で出し物があればいいな」と思い、ゲーム作りに独学で取り組んだそうなんです。

「自分が作る世界への自信と、それを崩された時でも更に上を目指す心の力」が養われたと思うし、ゲームプレイヤーが「ここで失敗するだろうな」と考えて作ったらほんとうにプレイヤーがドツボにハマって楽しくて仕方ない()、この感覚はゲームにもネタ作りにも共通している部分だと思いますとご本人がおっしゃっていました。

マヂカルラブリー野田クリスタルさんのゲームは、なかなか独自性のあるプログラミングで面白い作品ですよね♪

マヂカルラブリー野田の学歴や偏差値もすごい!

マヂカルラブリー野田クリスタルさんの出身高校は、神奈川県立「六ッ川高校」(現・横浜国際高校)で、偏差値65の進学校のようです。

しかしマヂカルラブリー野田クリスタルさんは、大学には行かなく高校卒業後はすぐ芸人の道に進まれて「吉本興業」に所属されました。

高校3年生の時(2004年)にインターネットで知り合った相方とお笑いコンビ「役満」を結成して「M-1グランプリ」に出場して3回戦まで進出するという結果を残しています。

在学(2004年)時、「情報化学コース」という情報処理専攻のコースがあったようようで、文部科学省からも「IT人材育成ハイスクール」に指定されています。</p>

趣味であるプログラミングは全て独学で身につけたということですが、高校時代にベースは出来ていたのかもしれません。

しかし16才で「東京吉本興業」に所属していた野田クリスタルさんは授業をちゃんと受けていなく、プログラミングに必要な三角関数で苦労したようです。

ベースは出来ていたとしてもそこから独学でプログラミングを学び、ゲームの開発までしてしまうとは、とても努力家なのでしょう。

マヂカルラブリー野田の趣味は筋トレ以外にも多趣味!

現在のマヂカルラブリー野田クリスタルさんは筋トレが趣味でムキムキマッチョマン?ですが元はガリガリだったようです。

どうやら趣味の一つが筋トレ、何と!ガリガリから半年でムキムキに、食事制限はせずに好きなものを食べるが、高タンパクな食材を率先して摂取していたそうです。

後は筋トレ!筋トレのメニューは、

マヂカルラブリー野田クリスタルの筋トレメニュー

  • ベンチプレス
  • バーベルを担いでスクワット
  • デッドリフト

こちらを週5回スポーツジムに通い頑張っていて、食事も筋肉に良いものを中心に取るようにするなど、相当ストイックに身体を鍛えていたことがうかがえます。

マヂカルラブリー野田さんは趣味・特技も多く、作詞・作曲、HIPHOP、演劇、バスケットボール、勿論プログラミング。

しかもマヂカルラブリー野田クリスタルさんは本も出しています!

2003年から16年間もの間、ブログを「魔法のiらんど」で書き溜めて2015725日に『野田の日記20062010『野田の日記201120152冊を出版しています。
筋肉イケメンなだけではなく文才まであるのですね。

多才な野田クリスタルさんですが、本業の漫才ではなかなか芽が出ず苦労の日々が続いていたようです。

高校生(15才)の時に同級生と「セールスコント」というコンビを組み第1回お笑いインターハイに挑戦して優勝した経歴もあるのです。

この時のコンビは続かず、その後もコンビを組んでは解散を繰り返し、しばらくはピン芸人として頑張っていました。

野田さんがいよいよ売れずに路頭に迷っていた時期にライブを見に来ていた村上さん(今の相方)が、野田さんの芸を観て「面白い!」「僕と組めばいいんじゃないか」と思い「コンビを組みませんか?」と声をかけた事によりマヂカルラブリーが生まれました。野田さんは藁にも縋る思いだったそうです。

実は、カルカルにしたのは検索エンジンで上位に来るだろうとにらんだからだそうです。さすがはITに強いマヂカルラブリー野田さんらしいです。

ご存知の方も多いかもしれませんが今勢いのあるマヂカルラブリー野田さんについてSNSなどで話題になっていることについて調べてみました。

マヂカルラブリー野田クリスタルプロフィール

本名:野田 光

生年月日:19861128

出身地:神奈川県横浜市

芸名:野田クリスタル

血液型:A

身長:178

負けずに頑張ってこられたマヂカルラブリー野田クリスタルさんの才能についてSNSなどでささやかれている事について調べてみると意外な趣味も知れました。

まとめ

ヂカルラブリー野田のプログラミングに驚愕!
学歴や偏差値も天才級?』を最後までご覧いただきありがとうございました。

マヂカルラブリーは、2017年、2018年とM-1グランプリの決勝に進出したものの結果は振るわず敗退してしまい、しかも、2017年にはかなりの酷評を受けてしまいましたが、今回の(2020)M-1グランプリで頂点に立てたときに『最下位になっても優勝することあるんであきらめないでください!』と叫ばれたことは見ているこちらにも勇気を与えてくれました。

マヂカルラブリー野田クリステルさんの今後の活躍も期待しましょう!

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼
アンケートに答えると
▼匠のこだわり、プレゼント▼