テレビ

青のSPはカイジの警察版?藤原竜也の演技が同じなのか徹底調査!

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

今放送中のドラマ「青のSP(スクールポリス)」に出演している藤原竜也さんは、多くのドラマ・映画に主役として引っ張りだこです。

藤原竜也さんと言えば真っ先に頭に浮かぶのは「カイジ」の映画シリーズですよね。今回の「青のSP(スクールポリス)」と似た作品なのかも?とか演技も同じ?などと話題になっているようです。

そんな藤原竜也さんの「青のSP(スクールポリス)」での役柄や演技と今まで演じてきた作品などについて調べていきます。

以下の3つに分けて検証してみました。

  • 青のSPはカイジの警察版?
  • 青のSPで藤原竜也の演技が同じ?
  • 過去に藤原竜也が演じた役柄、評価は?

それでは『青のSPはカイジの警察版?藤原竜也の演技が同じなのか徹底調査!』をご覧下さい。

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

青のSPはカイジの警察版?内容が似ているのか調査!

青のSPがカイジの警察版なのかと色々調べてみたのですが、勿論そのような事実は見当たりませんでした。

内容が似ていると言われる理由が、藤原竜也さんの役がクールで何を考えているのかわからないような表情や仕草をするシーンなどが共通しているからなのではないでしょうか。

青のSPでもカイジの時のように、派手目のアクションシーンがあり、スリリングなシーンが見られます。

強引で想像を絶するやり方で悪を成敗することなどが似ていると思われる要因なのかもしれませんね。

青のSPで藤原竜也の演技が同じなのか検証!

青のSPで藤原竜也の演技がカイジと同じだという意見が多かったので検証してみた結果は同じでは無いということがわかりました。

藤原竜也さんは役者としての確固たるカラーを持っていらっしゃるため、演技が同じ雰囲気になってしまうのは致し方ないかと思います。


それだけ良い意味で個性の強い俳優さんだという事ではないでしょうか。

藤原竜也さんが役をこなすというより、この役は「藤原竜也」がいい!といわれる役者さんなのでしょう。

青のSPはある種の学園物のドラマでもあると思うのですが、藤原竜也さんが出ると物語全体がピリッとするところも他の作品と共通するところのように思えますので、演技が同じと言われてしまうのも仕方がないのかもしれません。

藤原竜也の演じてきた役柄まとめ

ここで藤原竜也さんが過去に演じて来た代表作の役どころや評価についてまとめてみました。

1997年 「身毒丸」

藤原竜也さんのデビュー作は1997年、「身毒丸」です。

それまで演技経験のなかった藤原竜也さんですが、この初舞台で迫力のある演技を見せ、天才新人と話題になります。ロンドンのバービカン劇場での海外公演で大絶賛を浴びたほどでした。

以下次のような作品に出演しています。

2000年 「仮面学園」

藤原竜也さんが映画初出演をはたす。
少しホラー感のあるストーリーですが、このころから学園物に縁があったのかもしれませんね。

2000年 映画「バトルロワイアル」

七原秋也役で出演し、この役で優秀主演男優賞”“ブルーリボン新人賞を受賞しています。

 

2003年 「オイル」

2003年、野田秀樹率いる、NODAMAPの「オイル」に初参戦。

さすがに難解で有名な野田作品ですが、この作品に関しての藤原竜也の評価は目につくものはなかったです。

2003年 「ハムレット」

史上最年少21才で「ハムレット」を演じました。
それまでも天才と言われ「蜷川幸雄」の秘蔵っ子たる藤原竜也さんはこの作品でも大絶賛を浴びました。

2004年 NHK大河ドラマ「新撰組!」

沖田総司役で出演。
三谷幸喜の脚本らしいお茶目さを藤原竜也なりの可愛い沖田総司が人気を博します。

 

2005年 舞台「近代能楽集~弱法師~」

ニューヨークのリンカーン・センターにて舞台「近代能楽集~弱法師~」
俊徳役を演じてNYタイムズでも評価をうけます。

2006年~2016年 「デスノート」

「デスノート」シリーズ夜神月役で出演。
「デスノート」は藤原竜也さんの存在を広く老若男女問わず世間に知らしめた作品と言っても過言ではないでしょう。

 

2009~2020年 「カイジ」

「カイジ」は「デスノート」と並んで役者藤原竜也の確固たる存在の確立とともにイメージを強く植えつけたと言われています。

「カイジ」と「デスノート」と時期を同じくして、2014716日から日本TV系にてドラマ「ST赤と白の捜査ファイル」に藤原竜也さんは岡田将生さん共に主役をしました。藤原竜也さんは『天才だけどオレ様な分析官』の赤城左門役を演じました。

2014年 「るろうに剣心(京都大火編)」

「るろうに剣心(京都大火編)」で志々雄真実の役

圧倒的な演技力で共演者から『この人、最狂!だ』と言われています。志々雄真実の役は全身を包帯で巻かれるので、撮影の間は耳も聞こえないし、暑いし、トイレもいけないし、ご飯も食べられないから不機嫌になる”…それが逆に役にプラスになったかもしれないとおっしゃっていました。

 

こうやって代表作をあげてみると藤原竜也さんの役者としての飛びぬけた凄さを感じさせられますね。

まとめ

調査、検証してみた結果は、青のSPはカイジの警察版という事ではなく似ているとも違うようです。

まして演技が同じというのも違うと思われます。

全体に何となく似ているように感じるのは、藤原竜也さんの役者としてのイメージが色濃く存在が大きすぎて、脳裏に焼き付いている過去の作品までもがオーバーラップしてしまうのかもしれませんね。

これからもこの役なら「藤原竜也」だ”と言われる鋭い演技が楽しみです。

青のSPはカイジの警察版?藤原竜也の演技が同じなのか徹底調査!」を最後まで読んでいただきありがとうございました。

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼
アンケートに答えると
▼匠のこだわり、プレゼント▼