歌手

変態紳士クラブのプロフィール!メンバーの経歴を一人ずつ紹介!

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

変態紳士クラブのメンバーは、ラッパー・WILYWNKA、レゲイディージェイ・VIGORMAN、プロデューサー/トラックメーカー・GeGによる三人組ユニットです。
メンバーは全員大阪在住です。

変態紳士クラブは、2017年に「ZIP ROCK STAR」でデビューし、「すきにやる」、「YOKAZE」がヒットし、全国的に人気が出ました。

そんな変態紳士クラブのプロフィール、メンバーの経歴などを知りたいですよね。

どのような結成秘話があるのか、メンバー一人ずつの性格やプロフィール、経歴も知りたいところです。
特にグループ名がすごいですよね。変態紳士クラブですよ!
そこに込められた意図なども知りたいですよね。

そこで、今回は次のようにまとめてみました。

・変態紳士クラブの経歴
・変態紳士クラブのメンバープロフィール

それでは、『変態紳士クラブのプロフィール!メンバーの経歴を一人ずつ紹介!』をお楽しみ下さい。

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼

変態紳士クラブの経歴

変態紳士クラブの経歴は、WILYWNKAとVIGORMANは、10代から仲が良かったのですが、いつからか2人とも仲が良かったGeGも一緒に遊ぶようになり変態紳士クラブの原型が出来ました。

 

変態紳士クラブは人気曲が沢山ありますが、中でもみなさんが聞いたことのある曲と言えば、フジテレビ「とくダネ」のお天気コーナーで流れていた、「YOKAZE」ではないでしょうか。

変態紳士クラブの経歴の中でも代表作となりそうな作品ですよね。

この曲はファンの間でもかなり人気のある曲なので、やはり名曲なのです。

変態紳士クラブの3人は今でも、プライベートで一緒に食事をしたり飲みに行ったりする仲で、その場で話したことが曲になりそうなら次回のレコーディングで曲を作るなど、公私共に仲が良く、遊びの延長で音楽を作っているようです。

 

こういう関係性っていいですね。

飲みに行ったりしているときにアイデアが浮かんで、それを仕事に活かすって、まさに遊びの延長で仕事をしている感じです。それでも世の中で評価を受ける楽曲をされるワケですから、3人共に才能のある方々なのでしょう。

変態紳士クラブは、2017年に公開された1st EP「ZIP Rock STAR」の収録曲「すきにやる」で、YouTubeで公開されたミュージックビデオの再生回数がなんと1,900万回を突破しています。

変態紳士クラブは、2019年春に初ツアーとなる東名阪ツアー「変態紳士舞踏会TOUR 2019」“東名阪クアトロツアー”」を成功させています。

 

変態紳士クラブのメンバーは、次のように答えています。

変態紳士クラブは、結成4年でまだアルバムを出していなかったので、ファンの人たちも「どんなんなんやろ?」って期待するところが大きかったと思うんです。
そこは意識していたので、「俺らの名刺と言えるものを作らなきゃって気持ちはあった」。

緊急事態宣言の中での制作だったので、一緒にいる時間が長かったから、3人の仲の良さが出たアルバムだったと思います。
変態紳士クラブは、「3人」、「等身大」、「好きにやる」が大前提。基本的に遊びだそうです。

仕事をすることを考えたら、変態紳士クラブのメンバーの取り組み方は理想ですね。
好きなことを仕事にするってなかなか難しい事ですが、変態紳士クラブはそれを実行しています。

 

しかも、変態紳士クラブは、3人共に仲が良い。これって最高の職場ですよね。

仕事内容も楽しくてやりがいがある。

経歴を振り返ってみると、人間関係も幼馴染同士で、最高のメンバーとやれてる。そんな中で作られる楽曲って人の心を動かすものを持っているのでしょう。

 

ちなみに変態紳士クラブの由来ですが、「かっこつけた名前の奴はいっぱいいるから、俺らは二度見されることにしよう」ということでした。
それにしても、大胆な名前です。

変態紳士クラブメンバーの経歴プロフィール

変態紳士クラブメンバー3人のそれぞれの経歴プロフィールを調べてみました。

プロフィール:WILYWNKA(ウィリーウォンカ)

 

本名は井上貴吉、1997年3月26日生まれの24歳です。
大阪府堺市出身です。

「BAZOOKA!!!高校生ラップ選手権」で一躍、有名になりました。
SEEDAからは、「ビートに対して言葉が合ってる」と評価され、ANARCHY主催のレーベル1%からデビューしています。
WILYWNKAさんは、ラッパーを担当されていますが、ラップというと早口で英語で聞き取りにくい印象があるかと思いますが、WILYWNKAさんのラップは一つ一つの歌詞がとてもしっかりと耳に入ってくるので、楽曲の良さが伝わると思います。

ライブ集客も順調で、2019年に開催したワンマンライブでは、収容人数2,000人の会場をソールドアウトさせました。
また、WILYWNKAさんは、H&MやDIEZELといった有名ブランドの広告モデルにも起用されており、音楽以外の分野でも活躍されています。

プロフィール:VIGORMAN(ビガーマン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

UTAGE SAPPORO(@utage_sapporo)がシェアした投稿

本名は分かりませんでしたが、1998年1月10日生まれの23歳です。
大阪府堺市出身です。

15歳のころから、マイクを握り続け、ソロ活動もしています。
自由自在のフロウと抜群のワードセンスを武器に大阪のみならず、全国区になりつつあります。

VIGORMANは、好きな音楽ジャンルは無く、気分や日によって好きなジャンルがころころ変わります。
J-POPでもロックでもかっこ良ければ、何でもいいそうです。

カッコよさを求めて、ジャンルを超えて音楽を好きになっています。
VIGORMANの多くの楽曲は、短期間で作成されます。
あいまいな表現を避けて、等身大のリリックが書けるように意識しています。

上手い言い回しよりもエモーショナルな楽曲にこだわっています。
「VIGOR」は英語で活力や元気という意味です。
つまり、VIGORMANは「活力のある男」、「パワーのある男」という意味があります。

プロフィール:GeG(ジージ)

1989年生まれで兵庫県尼崎市出身です。
詳しい誕生月日や本名は分かりませんでした。
変態紳士クラブの中では、かなりの年上ですね。
中学卒業後にキーボードを始め、バンド活動などをしますが、25歳の時にロサンゼルスとジャマイカに行った事がきっかけで、音楽プロデューサーの道を歩むことになります。

それにしても、GeGさんは行動力のある方ですね。
音楽が好きだからといって、単身渡米、しかもジャマイカにも行かれてるのです。
好きなことだから、これだけの行動力があるのか、元々、行動力のある方なのかはわかりませんが、誰もがマネできる事ではありません。

変態紳士クラブのプロデューサーだけではなく、ネオレゲイバンドのメンバーでもあります。
Gegさんは幅広い分野で活躍されてるんですね。

まとめ

変態紳士クラブの経歴やプロフィールを調べてみましたが、いかがだったでしょうか。
変態紳士クラブという最初の響きを聞いた時は、衝撃を受けたことでしょう。
しかし、経歴やプロフィールを調べてみると、真摯に音楽に向き合う仲良し3人組ということが分かりましたね。

変態紳士クラブの名前からは想像もつかないぐらいのいい曲というギャップがファンに受けたのかも知れませんね。

彼らの言う、かっこの良い名前は沢山あるから、逆の形で行こうという発想が当たったのでしょう。

変態紳士クラブのメンバーはそれぞれの個性を活かしながら、遊びの延長で音楽を作っているイメージです。

経歴もバラバラ、だけど仲良し、珍しい形のグループですね。

最近は、変態紳士クラブは、ミュージックステーションにも出演しました。
今後の変態紳士クラブのますますの活躍を期待したいですね。

暇な時間でコツコツと
▼業界最強の還元率▼
アンケートに答えると
▼匠のこだわり、プレゼント▼